Month: June 2019
避妊薬は他の薬と併用しても問題ない?

性行為後に避妊するためには、避妊薬を服用するということが一般的となっています。 避妊薬を服用する場合は、72時間以内に服用することによって、かなり高い確率で避妊をすることができます、しかし、避妊薬も薬である以上、他の薬との併用が気になるところです。 特に、常に服用している薬があったりした場合、果たして併用して服用しても大丈夫なのかということが気になったりします。 そこで、避妊薬と他の薬との併用については、まず、市販されている風邪薬などに関しては、一緒に併用しても問題ないといわれているので、安心して飲み合わせても大丈夫です。 併用ができない薬としては、精神安定の成分が含まれているサプリメントに関しては、避妊効果を弱めると考えられているので、飲み合わせてはいけないといえます。 この成分はダイエット系のサプリメントやお茶に含まれもいますから、ダイエット系のサプリメントを使用している人は飲み合わせても大丈夫かどうか確認しておく必要があります。 また、病院で処方してもらっている薬の中にも避妊薬と併用してはいけない薬がいくつかありますから注意が必要があります。 特に、抗生物質などの薬は飲み合わせが悪いといわれていますから、病院で処方してもらう時は、避妊薬との併用について医師に確認しておくとよいでしょう。 これらの薬の併用がなぜいかないのかというと、避妊薬の避妊効果を弱めてしまうからであるといわれているからです。 避妊薬の避妊効果は80パーセントと高い数字となっていますが、それでも100パーセントではないですし、さらに他の薬を併用してしまえば、さらに確率が下がってしまうことになり、避妊効果を得ることが難しくなってしまう可能性があります。

2019年06月21日
避妊薬を怖がっている女性は食べず嫌いと一緒

現在、最も有効的な避妊の方法として、避妊薬の服用があります。 避妊薬を飲むことにより、身体が妊娠している状態と同じになるため、妊娠しなくなるのです。 避妊するためには、薬を服用する以外に、物理的な方法も存在しますが、物理的な方法の避妊率が80%であることに比べ、避妊率の場合はほぼ100%と言われています。 避妊薬だけでも十分安心感が得られるものの、物理的な方法も組み合わせることにより、確実に妊娠しなくなります。 今日においては、通販などを利用すると、誰もが簡単に避妊薬を購入することが可能です。 しかし、安全性に目を向けた場合、専門医から説明を受けてから服用するべきです。 特に、初めて使用する避妊薬や、薬自体を初めて服用するという方は、必ず婦人科から処方された避妊薬を服用するようにしましょう。 多くの場合で、保険が適用されないのですが、時折保険が適用される薬も存在するので、金銭的負担を軽くするためにも、予め電話などで問い合わせると良いでしょう。 代金は、1ヶ月分でおよそ3千円なので、継続的に服用する場合でも負担にはならないでしょう。 避妊薬を手に入れた後は、用法用量を守って服用するだけで良いので、特別な事はありません。 ただし、飲用を開始しても普段通り過ごすことができる方が居る一方で、軽い副作用が見受けられる方も居ます。 軽い副作用というのは、具体的に目眩や不正出血、吐き気や頭痛などです。 こうした副作用というのは、3ヶ月程で治癒するものの、3ヶ月以上続いてしまうようであれば、現在服用している避妊薬が身体に合っていない可能性があるので、担当医に相談してみましょう。 副作用は、最終的に血栓症になってしまう可能性があるので、放置するのは厳禁です。

2019年06月06日